ナンヤの別荘

24/7神谷浩史様を応援する♪

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年

02月03日

(金曜日)

愛できつく縛りたい~恋より激しく~


原作:きたざわ尋子
イラスト:高永ひなこ
出版社:角川書店

宮田幸季(藤本夏鹿)
遊佐浩二(藤本数馬)
緑川 光(桐島一成)
神谷浩史(五十嵐 潮)
杉田智和(守川彰彦)他

以下は小説の簡単紹介




這本小說看得我非常痛苦(きたざわ先生的文筆我不喜歡), 不過為了我本命的聲音(全部在裡面)還是看了.
故事好簡單. 夏鹿喜歡自己的哥哥数馬. 不過特然有一天他知道自己並不是数馬的弟弟. 而是超級有錢的桐島家的一員桐島一実. 因為他的姊姊交通意外特然死掉,姊姊的未婚夫守川就利用一実去代替他姊姊來取得桐島家的支配權. 守川利用数馬去威脅夏鹿令他沒有辦法反抗(以下ねたばれ, ご注意ください)...反轉來看:

数馬的爸爸當年受命誘拐了一実.然後把他當親兒子扶養.13歲的時候数馬就知道了. 總之守川就是利用藤本父子的名譽來要脅深愛著哥哥的夏鹿. 不過最意外的就是他自己竟然會對夏鹿動了真情...

題外話: 杉田くん果然沒有辦法抵抗宮田っち的可愛攻撃...「彼氏シリーズ」のときも,そしていまも...不過杉田くん注定要失敗..なぜならお相手はわら大好きな遊佐さまだから(笑).

同時桐島家的繼承人一成對自己姊姊受只是受傷的事覺得古怪而和他的青梅竹馬及下人潮調查他姊姊意外的真相....就此兩對"戀人"就這樣相遇....

我要先說這套書有六個分段,5/6都是一成x潮,不過偏偏選数馬x夏鹿來ドラマ化....遊佐さま又演好哥哥...最近他真的喜歡好人攻め. 不過他的身手好好,只是思想有點怪就是了. 明知道夏鹿會有危險還把他獨自留在酒店vv. 而且他的獨占欲也頗利害(雖然不夠一成利害). 可惜的是雖然他是主角,除了床上他出場真的不多,應該比緑川光更小^_^;;
夏鹿當然只有一句: 可愛い!!.
我倒是比較期待馬鹿殿一成和美人潮. 尤其是那場一成想和潮做,不過看到他的樣子好像會痛就放棄...能夠為小受想的攻め我喜歡,所以他後來暴走,我雖然不滿但還是可以見諒(只是潮好可憐). 可惜這次不是他們的故事,也不見得他們倆的故事會被ドラマ化...
值得一提的是きたざわ先生在自己的ブログ寫的アフレコ,本篇竟然只有一句話(汗)...不過那個フリートーク好像好好笑.他們要別錄的緑川さん扮袋鼠和impala(中文是甚麼?)總之是澳洲的特有生物. 我覺得這片可能訂對了.開頭單純為了聲優,現在卻變成想聽遊佐さま、宮田っち、神谷さん、杉田くん那「愛のあるイジメ」....不過我想知道是誰出的題目? 是那兩位腹黒先輩還是ハチクロ的コンビ?

以下是先生的原文. 以前有好多篇的アフレコ我喜歡不過好快過了期先生就拿掉了,可惜.英田先生寫的アフレコ好好玩,好詳細...早知道就找下來. 和泉先生的アフレコ都是這樣就沒有了.故以後就把他們保留.

お久しぶりでございます。もはや、新年の挨拶も出来ない日付に……って、旧暦でいけばありか。
 いやぁ早いなぁ、月日が流れるのは。この日記も数日前に書きかけてはいたのですが、急性胃腸炎で倒れてそのままになってました。寝込んでいた間、気持ちの悪さに匂い立つ物が食べられず、いただいたイチゴを食べておりました。どうもありがとうございます~。まるでお見舞いのようで、グッドタイミングでした(私信)。 
 はー……というわけで、お仕事情報も纏めて更新いたしましたので、ご覧いただけたらと思います。
 いろんなことは……などと↓で書いてますが、私は何を書く気だったのだろう……? 真剣にわからないので、アフレコのことだけ書くことにします。最近、記憶力がへたれてきてます。
 
 えーとですね、「愛できつく縛りたい~恋より激しく~」の収録は年末に行われまして、非常に楽しく、かつ面白いことになってました。
 宮田さんの夏鹿は可愛く、遊佐さんの数馬は素敵に二枚目! 神谷さんの潮は美しく、緑川さんの一成は格好いい~。あ、そして今回の悪役・彰彦の杉田さんはバッチリ悪かったです。そしてものすごいセリフ量です。事態を把握している人間なので、とってもセリフが長かったり多かったりするわけです。
 本編も素敵だったのですが、フリートークが面白いです……! 一成役の緑川さんが、時間差でスタジオ入りだったので、別録りだったんですよ。なので、いらっしゃらないのをいいことに、他の方々が暴走を……(笑)。ご自分のトークの前に、皆さんのトークを聞いた緑川さんは「ひどすぎる……」と呟いておられましたよ。確かに、あれは……ええ。まぁなんというか、愛のあるイジメ?
 あ、でもカラミのシーンだけは、一緒に録っております。一度はお帰りになった神谷さんを、スタッフの方が呼びに走ってくださり、神谷さんがお戻りに! 「ただいま~」といいながらスタジオ入りしてくださった神谷さんに大感謝でございました。
 で、ちゃんと出されたお題(?)通りに、「カンガルー」と「インパラ」を演じられ、バイクのセル音の真似をした緑川さんに拍手。そして爆笑しました、すみません! 特にインパラが好きです! 
 緑川さんがお帰りになるとき、ご挨拶しつつ、カンガルーとインパラの感想に終始してしまった私もどうかと思うが……。いや、それくらい私の心にクリーンヒットということで。「今にも捕食されそうなインパラ」を、どうぞお楽しみに! あ、鳴き声ではないですよ。
スポンサーサイト

コメント

nanyaさん、こんにちわ!
终于等来了这篇小说的介绍>//<转圈圈~
先来谈谈きたざわ老师,因为没看过老师的原著只听过曾经cd化的一些drama,所以从内容上来看老师其实并不符合我的重口味(咳咳)
个人只对《重ねる指先》这部比较有爱,因为是谷山受的关系……[心]

那个…貌似《愛できつく縛りたい》这个系列曾经是leaf出版过的,如今角川又拿来再版了,而且名字也换了,统称为《愛できつく縛りたい》的上和下,不知道nanya亲有没有把《下》也一起买了,估计那里面应该全部都是一成x潮的故事了吧~嗷嗷

其实抛开声优不去说,我是十足的兄弟爱控-。-伪兄弟爱我也控!不过这篇兄弟爱仿佛没有那么吸引我,不知道为什么我觉得游游的好人攻听过1次就够了>//<我…我爱的是他的鬼畜柔情攻||[抠脚趾]

对杉田的角色大期待中><就象亲说的,无论是在《彼氏系列》还是这部里,他都被可爱的宫田桑吃的死死的~哈哈

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

トラックバック

トラックバックURL

■-

管理人の承認後に表示されます
2006/02/03(金) 22:23 ★ 

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。